育児悩み

《肌着・ボディースーツのみ??》赤ちゃん夏の外出時の服装どうしてる??(生後2・3・4・5・6ヶ月頃)

生後数ヶ月の赤ちゃんとの夏の外出時服装どうしてる?

 

コンビ肌着やボディースーツだけで外出は流石にまずい?

 

今回は

 

この記事でわかること

  • 生後数ヶ月の赤ちゃんの夏の服装はどうする?
  • 暑さ対策は?

 

について紹介します。

 

《生後2・3・4・5ヶ月頃》赤ちゃん夏の外出時の服装どうしてる?肌着・ボディースーツのみ?

第1子と初めての夏を過ごすときに発生するこの問題。

 

もちろん親が決めていい問題であるのですが、赤ちゃんにとっての快適さと、暑さ対策をどこまですればいいのかわからないですよね。

 

私も第1子のときは本当に悩みました。

 

試行錯誤をしていく中でなんとなく決まっていきましたが、何か参考になればと思い今回紹介させていただきます。

 

先に肌着・ボディースーツ問題に関して述べておくと、我が家は肌着・ボディースーツのみで外出することはありませんでした。

 

夏の外出は赤ちゃんが暑くないように対策するバランスが難しい

赤ちゃんが暑くないよう色々考えますが、

 

夏の外出で一番考えるのは「涼しさ」と「暑さ対策」のバランスが難しいですね。

 

暑いためシンプルに半袖や薄い肌着などにしたくなりますが、赤ちゃんの肌の薄さ、発汗状態、日焼けなど色々考慮しなければならないことがあります。

 

特に赤ちゃんは身体が出来上がっていないため体調不良になりやすいです。

 

涼しさを追い求めつつ、赤ちゃんの体調に影響がでないように対策するのが本当に難しいです。

 

 

長女・次女の生後数ヶ月(2〜5ヶ月頃)の夏の外出時の服装

まだまだ暑さにも弱い月齢なため長時間陽に当たるような外出は避ける月齢ですね。

 

しかし遊びに出かけたり外出しなければならない時期もあります。

 

長女と次女の赤ちゃんの頃の話になりますが我が家の夏のお出かけ服装を紹介します。

 

まず肌着に関しては

 

 

首が座る前は、コンビ肌着を着せてました。

 

 

首が座ってからはボディースーツ(肌着)を着せてました。

 

短肌着に関しては我が家は、ほぼ使いませんでした。

 

理由としては「お腹がでてしまうから」です。

 

また私がめんどくさがりということもありますが、短肌着だと家で過ごしている時にもズボンなどを履かせる必要があったためです。

 

その点コンビ肌着やボディースーツであれば、家では1枚で過ごしておきながらお出かけになったら上からさっと着せるだけだったので便利でした。

 

もちろんお腹も冷えないですしね。

 

次は洋服ですが、

 

↑こんな感じの服

外にでるときは2wayオール(カバーオール)を着せてました。

 

あまりにも暑い日は肌着をノースリーブにして、半袖の2wayオール(カバーオール)を着せるようにしていました。

 

ただ、半袖にする場合は《anone baby》トータルアウトドアUVのような新生児から使える「日焼け止め」を必ず塗るようにしていました。

 

暑すぎないように、日焼けしないように、クーラーで冷えないように・・・色々考える必要があるので本当に大変ですよね。

 

あくまで我が家のスタイルです。

 

何か参考になれば。

 

肌着・ボディースーツのみで外出してた?

我が家では流石に肌着・ボディースーツのみで外出はしていませんでした。

 

1枚は必ず何か着せてますね。

 

理由としては「日焼け」するおそれが高かったためです。

 

赤ちゃんは皮膚が薄いため直射日光はあまり当てないほうが良いと聞いたことがあったので、肌着・ボディースーツのみの外出はしませんでした。

 

家にいるときは、ボディースーツのみといったときもありましたよ。

 

《暑さ対策》赤ちゃんとのお出かけ(外遊び)は日焼けに注意。特に新生児や月齢が低い赤ちゃんは気をつけて!

 

参考までに我が家の外出時の暑さ対策も紹介しておきます。

 

 

お出かけの際は、少し羽織れる薄い上着やブランケット等をもっていきます。

 

直射日光対策ですね。

 

暑い日は冷感生地であれば赤ちゃんも気持ちいいですね。

 

 

授乳ケープでも代用可能ですね。

 

 

クールタオルも暑い日には重宝します。

 

赤ちゃんの顔が赤くなる前に使っておくといいですね。

 

 

ベビーカーの冷感クッションも使ったことがありますが、気持ちよさそうでした。

 

真夏日のような暑さの日には必須です。

 

 

抱っこ紐の場合はこちらを使ってました。ベビーカーでも兼用できるので便利です。

 

 

あと帽子は嫌がる可能性もありますが必ず持ち歩くようにしています。

 

できる範囲でいいと思いますが、赤ちゃんとのお出かけには、日焼け止め含めてしっかりと対策は必要です。

 

赤ちゃん(生後0〜6ヶ月頃)日焼け止め・虫除け対策

条件対応条件対応
赤ちゃん用であることお湯や石鹸で落とせるもの
SPFは15〜20程度舐めたとしても大丈夫な成分
PAは++程度紫外線吸着剤不使用

 

月齢が低い赤ちゃんには外出時は日焼け止めをぬっておいたほうが安心です。

 

《anone baby》トータルアウトドアUVは生後1ヶ月から使えるので1歳頃まで重宝していました。

 

 

特長

☑生後1ヶ月から使える

☑1本で日焼け・虫除け対策ができる

☑赤ちゃんの肌にやさしい成分

 

日差しが強い春・夏のお出かけに1本あると便利ですよ。

 

▼公式サイトはこちら▼

 

 

まとめ

月齢が低い赤ちゃんとの外出は気を使います。

 

まだまだ身体も出来上がっていない月齢なため、ちょっとの体温変化で体調不良にもなり得ます。

 

そのため「涼しさ」を追い求めながらも「暑さ対策」はしっかりしましょう。

 

特に直射日光が強そうな日は日焼け止めは塗っておきましょう!

 

 

赤ちゃんとのお出かけに!

☑新生児から使える
☑1本二役
☑赤ちゃんの肌にやさしい成分

赤ちゃんとのお出かけに1本あると便利!

>>《anone baby》トータルアウトドアUV

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 子育てブログへ

-育児悩み