レシピ

【小麦粉なし】白身魚のムニエルレシピ。ホワイトソルガムで子どもも食べやすい!

白身魚のムニエルパン、パスタ、うどん、手軽に食べられて便利です。

でも頭の片隅では、まだ小麦アレルギーではないけど、あまり小麦をとり過ぎるのも良くないなぁ。と思っていませんか?

私もそんな一人です。

かといって、完全な「グルテンフリー」主義者になるほどの思い切りはありません。😅

しかし、家族や子供達のことを考えると、ほんのり「グルテンフリー」の献立を増やしたいというのが本音です。

そこで今回ホワイトソルガムを使った白身魚のムニエルレシピを紹介したいと思います。

 

小麦の代用品!ホワイトソルガム

ホワイトソルガム探して探して探すと

見つけました。

「ホワイトソルガム」

初めて名前を見たときは、「ホワイトソルガム」って人工的な添加物っぽいと思ってしまいました😅

その正体は、手軽にグルテンフリーを試したい私にもってこいの古代穀物だったのです!

少しずつ備忘録として、ホワイトソルガムを使ったレシピを記録していきたいと思います。

 

古代穀物「ホワイトソルガム」とは?

はてなホワイトソルガム(白高きび)とは、

南アフリカ原産で紀元前から栽培されているイネ科高きびの一種。

日本には弥生時代に伝わったと言われています。

「白高きび」という別名からも連想できるように、「きびだんご」の「きび」の仲間です。

近年、品種改良により渋み(タンニン)を抑えることで、ほとんど無味無臭で活用しやすくなりました。

小麦アレルギーの代替食品として注目されています。

 

ホワイトソルガムの栄養

ナチュラル調べてみると、ホワイトソルガムは、単なる小麦粉代わりじゃありませんでした。

栄養的にも、なかなかの優れものだったのです。

ミネラル、ビタミンB群、不飽和脂肪酸が豊富なのです。

・食物繊維→白米の約5倍!

・マグネシウム→白米の約5倍!

・カルシウム→白米の約2倍!

・鉄分→白米の約4倍!

 

ホワイトソルガムの特徴

ポイント他にも嬉しい特長があります。

・油を吸いにくい 

(揚げ物カロリーダウン)

・害虫や病気に強い

(農薬の使用を抑えることができる)

・難消化性でんぷん(レジスタントスターチ)が含まれていて、血糖値の上昇抑制、便秘解消の効果など

 

レシピ「白身魚のムニエル」

◆材料◆3人分

白身魚切り身 3切れ

(今回はイサキ使用) 

ホワイトソルガム粉 全体にまぶす程度の量

塩     適量

こしょう  適量

バター   適量(今回は10g使用)

オリーブオイル 適量

◆作り方◆

①白身魚の切り身に塩、こしょうで下味をつける。

白身魚のムニエル

②ホワイトソルガム粉を切り身全体にまんべんなくまぶす。

白身魚のムニエル

③フライパンにオリーブオイルを入れ、十分に加熱したら、白身魚の身側から両面焼く。

白身魚のムニエル

④バターを加えて、全体に行き渡らせる。完成!

白身魚のムニエル

 

子どもも食べれた!

小麦粉と違って水分を含んでもベタつきが少ないので、魚にまぶしてもサラリとしていました。

使用感は米粉に近いです。

油の吸いが少なく、カリッと香ばしい焼き上がりにできました。

クセもないので、子どもも違和感なく食べられました。

また別の商品も作ってみよう!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

少しでも参考になれば幸いです。

 

☆スポンサーリンク☆

[1]家事負担をたまには軽減しましょう↓

①【よしけい】

②【ワタミ宅食 毎日日替わりを置き配】

③【ワタミ宅食 冷凍弁当!いざというときも安心】

④【ナッシュ60以上のメニューから選べる冷凍弁当】

 

[2]0歳からの幼児教育。資料請求は無料↓

 

 

[3]SALE情報お見逃しなく↓

にほんブログ村 子育てブログへ

-レシピ