育児悩み

【鼻水で寝れない!】赤ちゃん・乳児の鼻水の対処法

赤ちゃん 鼻水 寝れない赤ちゃん・乳児期の鼻水はみていて本当につらいものがあります。

自分自身が風邪をひいたときに鼻水が一番つらく感じるということもありますが、赤ちゃんは自分で鼻水をとることができません。

しかし鼻をかむ力もないため、必至に親がどうにかしてあげるしかない。

特につらいのは夜です。

夜鼻水で赤ちゃんが寝れないときは本当にみていてつらいです。

そこでどうにかならないか、いくつかアイテムを検討してみました。

今赤ちゃんが鼻水で眠れなくてつらい思いをしているみなさまに少しでも参考になれば幸いです。

鼻水トッテを使ってみるが、、、

ベビー用品があるところには、だいたい置いてあるこの商品を使ってみました。

でもなかなか上手く吸えない、、、

残念ながらうちの娘には合いませんでした・・・。

・どの程度吸っていいものか調整が難しい

・鼻の大きさにチューブがあっていない

・なかなか上手に吸えなかった(これは親のテクニックかもしれません・・・)

 

上記理由より鼻水トッテでは無理だと判断し、他のものを探すことにしました。

 

電動ハンディタイプの鼻吸い器を検討

電動ハンディタイプを検討した理由は「安い」「持ち歩けるのでどこでも使える」の2点からでした。

実際お店に行っていくつか手に取ってみましたが、「吸引力」「鼻水をとっておける容量」の2点から購入を断念しました。

ただ、電動ハンディタイプを検討したことで、自分たちにとっての重要なのは「吸引力」と「容量」と判明したので、この2点に絞って検討を進めました。

 

メルシーポット(電動据え置きタイプの鼻吸い器)に決定!

「吸引力」と「容量」で検討すると、必然と電動据え置きタイプの鼻吸い器となりました。

検討した結果、メルシーポットを購入しました。

・正直「お金」と「持ち歩き」では電動ハンディタイプの方がよかったのですが、最終的には「吸引力」「容量」で決めました。

・鼻水が出ているとき出歩く機会も決して多くはないこと、今回は赤ちゃんを寝れるようにしたいという思いが1番だったこともあり、結局メルシーポットに決めました。

良かった点

・吸引力がすごい。小児科にいったのとほぼ変わらないくらいとれる印象

・赤ちゃんの鼻が小さくても、ベビちゃんクリップという吸引力を強くできるクリップがあるので、ちゃんと吸える。

・使い方がすごく簡単

・鼻水を吸うと、夜すやすやと寝るようになった。

悪かった点

・音が結構する

・手入れが少し大変。パーツを分解するというレベルではありませんが、鼻水がチューブにくっついてとるのに手間がかかることがありました。

>>《楽天》【公式】メルシーポット NEWモデルS-504

>>《amazon》メルシーポットS-504

 

まとめ

メルシーポットは現在も使っておりますが、3歳ごろになると娘は自分でチューブをもって鼻水を吸ったりするようにもなりました。

本人にとってもどうやら気持ちが良いようです。

もっと詳しく

4年間使用【後悔した?夜鼻水問題解決】新生児からメルシーポットを使った感想。小児科で鼻水吸引してくれないときもメルシーポット!

続きを見る

我が家の体験談となりますが、少しでも参考になれば幸いです。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 子育てブログへ

-育児悩み