教材・学び

【徹底比較!どっちがいい?】こどもちゃれんじ思考力特化コースvsZ会幼児コース

 

こどもちゃれんじ思考力特化コースとZ会幼児コースどっちがいいんだろう?

 

年中さんになるとこの2教材で悩みます。

 

そこで今回は

 

この記事でわかること

  • 《年中》こどもちゃれんじ思考力特化コースvsZ会幼児の違い
  • 《年長》こどもちゃれんじ思考力特化コースvsZ会幼児の違い

 

について紹介します。

 

今悩んでいる方は、ワーク中心の教材が合わなかった時、無料でコース変更できるこどもちゃれんじ をおすすめします。

 

通常のこどもちゃれんじ総合コースとZ会幼児コースの違いはこちら▼

《ここが違う!徹底比較》こどもちゃれんじ VS Z会幼児コース。違いをシンプルに比較!どっちがいい?

続きを見る

 

【やや難しい】通信教育
【こどもちゃれんじ】 Z会 幼児コース

 

 

《年中》こどもちゃれんじ思考力特化コース(すてっぷ) vs Z会幼児コース

 こどもちゃれんじ Z会 幼児コース
対象年齢4歳〜5歳4歳〜5歳
ワーク毎月48~64ページ毎月46回分
思考力ワーク毎月24~32ページ
エディトイ(おもちゃ)ひらがななぞりんのみなし
デジタルワーク月90問(アプリ)年4回(4月・6月・8月・12月)
DVD・絵本なし※1なし
教材考える遊びセット[毎月]体験教材(ぺあぜっと)[毎月]
添削問題年2回月1回(絵を書いて提出)
難易度やや難しいやや難しい
月額(税込)2,480円~2,980円※22,244円〜2,640円※2
コース変更無料で可能

※1・・・総合コースで届くDVDの一部の映像コンテンツはWeb・アプリで見ることができます。
※2・・・12ヶ月一括払い、6ヶ月一括払い(Z会のみ)と毎月払いの料金幅です。

 

大きな違い

✔ワーク量は圧倒的にこどもちゃれんじ が多い

✔特殊な教材として毎月こどもちゃれんじ が考える遊びセット、Z会 幼児コース が体験教材ぺあぜっと。

✔添削課題はこどもちゃれんじ が年2回に対し、Z会 幼児コース が毎月。ただし課題内容は大きく異なる。

✔月額料金はZ会 幼児コース がやや安い。

 

対象年齢はどちらも4歳〜5歳です。

 

こどもちゃれんじ Z会 幼児コース もワーク中心となります。

 

ワーク量はデジタルワークまで含めれば圧倒的にこどもちゃれんじ の方が多くなります。

 

補助教材として、こどもちゃれんじ はエディトイ、考える力遊びセットが届くのに対して、Z会 幼児コース では体験教材ぺあぜっとが届きます。

 

またこどもちゃれんじ は総合コースの映像コンテンツも一部見ることができます。

 

添削問題は、こどもちゃれんじ が年4回、Z会 幼児コース は毎月絵を書いて送る課題があります。

 

難易度はどちらもほぼ同じで、やや難しくなりますが、個人的には若干こどもちゃれんじ の方が難しい気がします。

 

値段は若干Z会 幼児コース の方が安くなります。

 

それぞれ教材に特長があるので、教材の特長をみていきましょう!

 

【やや難しい】通信教育
【こどもちゃれんじ】 Z会 幼児コース

 

《すてっぷ》こどもちゃれんじ思考力特化コース教材内容

(画像引用:【こどもちゃれんじ】 公式HPより)

 こどもちゃれんじ
対象年齢4歳〜5歳
ワーク毎月48~64ページ
思考力ワーク毎月24~32ページ
エディトイ(おもちゃ)ひらがななぞりんのみ
デジタルワーク月90問(アプリ)
DVD・絵本なし※1
教材考える遊びセット[毎月]
添削問題年2回
月額(税込)2,480円~2,980円※2
コース変更無料で可能

 

こどもちゃれんじ は、こどもちゃれんじ すてっぷ(年中)から思考力特化コースが選べるようになります。

 

通常の総合コースとは異なり、思考力特化コースはワーク中心となります。

 

まず特筆すべきはワーク量です。

 

異なるワークが3種類もあります。

 

(画像引用:【こどもちゃれんじ】 公式HPより)

思考力ぐんぐんワークが毎月24〜32ページ

 

(画像引用:【こどもちゃれんじ】 公式HPより)

キッズワークが毎月48〜64ページ

 

(画像引用:【こどもちゃれんじ】 公式HPより)

デジタルワークが月90問もあります。今自分が持っているスマホやタブレットで行うことができます。

 

毎月「24〜32ページ」+「48〜64ページ」+「月90問」これだけのワーク量が届きます。

 

(画像引用:【こどもちゃれんじ】 公式HPより)

思考力特化コースは総合コースに比べて生活習慣などはやや弱まりますが、変わりにに考える力が鍛えられていきます。

 

圧倒的なワーク量がこどもちゃれんじ 思考力特化コースの特長です

 

さらに思考力を鍛えるために

 

(画像引用:【こどもちゃれんじ】 公式HPより)

年12回考える遊びセットが届きます。

 

(画像引用:【こどもちゃれんじ】 公式HPより)

添削問題は年2回ですがZ会 幼児コース のように絵を書いて提出タイプでなく、しっかり添削問題となっています。

 

また年に1度だけですがエディトイとして

 

(画像引用:【こどもちゃれんじ】 公式HPより)

ひらがななぞりんパッドが届きます。

 

またこどもちゃれんじ は総合コースへの変更がいつでも無料でできます。

 

合わなかった場合の保険がついているのはいいですね。

 

体験教材があるので一度お子さんに触れさせて、反応をみて決めるといいです。

 

\ ▼思考力特化コースを詳しくみる▼ /

 

【思考力特化コースはやや難しい】
【こどもちゃれんじ】 Z会 幼児コース

 

《年中》Z会幼児コース

 Z会 幼児コース
対象年齢4歳〜5歳
ワーク毎月46回
思考力ワーク
エディトイ(おもちゃ)なし
デジタルワーク年4回(4月・6月・8月・12月)
DVD・絵本なし
教材体験教材(ぺあぜっと)[毎月]
添削問題月1回(絵を書いて提出)
難易度やや難しい
月額(税込)2,244円〜2,640円※2
コース変更

 

Z会 幼児コース の目玉はこちらのワーク

(画像引用:Z会 幼児コース 公式HPより)

月46回(各回1ページ)分もあります。

 

(画像引用:Z会 幼児コース 公式HPより)

また体験教材としてぺあぜっとが毎月とどきます。

 

(画像引用:Z会 幼児コース 公式HPより)

Z会 幼児コース のぺあぜっとでは、例えば視覚に頼らず、手の感覚だけで隠されたものが何か当てるゲームなど月8回分(1回10~60分程度)届きます。

 

(画像引用:Z会 幼児コース 公式HPより)

添削課題としてぺあぜっとシートがあります。

 

親子の会話をもとに、絵をかいて提出する課題ですが、毎月あるのは嬉しいですね。

 

(画像引用:Z会 幼児コース 公式HPより)

またデジタルワークが年4回(4月・6月・8月・12月)ですがスマホで行うことができます。

 

体験教材があるので一度お子さんに触れさせて、反応をみて決めるといいです。

 

\ ▼教材を詳しくみる▼ /

【ぺあぜっと】は秀逸
【こどもちゃれんじ】 Z会 幼児コース

 

年齢別体験教材ちゃれんじパック

(画像引用:【こどもちゃれんじ】 公式HPより)

 

今なら資料請求すると数量限定でちゃれんじパックがもらえます。

 

 

【申込方法は?】

資料請求のボタンがどこにあるのかわかりづらいので念のため紹介しておきます。

step
1
【こどもちゃれんじ】 へアクセス

step
2
画面右上「メニュー」をクリック

step
3
「無料体験教材・資料請求」をクリック

こどもちゃれんじbaby 資料請求 (画像引用:こどもちゃれんじbaby公式HPより)

step
4
欲しいキャンペーンプレゼントをクリック

こどもちゃれんじbaby 資料請求

(画像引用:【こどもちゃれんじ】 公式HPより)

\ ▼プレゼント応募こちらから▼ /

 

Z会幼児コース 学年別お試し教材

 

(画像引用:Z会 幼児コース 公式HPより)

 

Z会 幼児コース でもお試し教材を配布しています。

 

 

また時期によっては資料請求キャンペーンを実施しています。

 

詳しくは下記ボタンよりご確認ください。

 

\ ▼こちらをタップ▼ /

【申込方法は?】

資料請求のボタンがどこにあるのかわかりづらいので念のため紹介しておきます。

step
1
Z会 幼児コース へアクセス

step
2
画面右上「メニュー」をクリック

(画像引用:Z会 幼児コース 公式HPより)

step
3
「資料請求」をクリック

(画像引用:Z会 幼児コース 公式HPより)

step
4
「Z会の通信教育(幼児〜大学受験生)」をクリック

(画像引用:Z会 幼児コース 公式HPより)

step
5
必要事項を入力

(画像引用:Z会 幼児コース 公式HPより)

\ ▼体験教材はこちら▼ /

 

 

《年長》こどもちゃれんじ思考力特化コース(じゃんぷ) vs Z会幼児コース

 こどもちゃれんじ Z会 幼児コース
対象年齢5歳〜6歳5歳〜6歳
ワーク毎月64ページ月48回分
思考力ワーク毎月32ページ
エディトイ(おもちゃ)かきじゅんナビのみなし
デジタルワーク(アプリ)あり年5回(4月・6月・8月・12月・3月)
DVD・絵本なし※1なし
教材考える遊びセット[年8回]体験教材(ぺあぜっと)[毎月]
添削問題年4回月1回(絵を書いて提出)
月額(税込)2,480円~2,980円※22,431円〜2,860円
難易度やや難しいやや難しい
コース変更無料で可能。ただしちゃれんじタッチに変更する場合は差額を支払う。

※1・・・総合コースで届くDVDの一部の映像コンテンツはWeb・アプリで見ることができます。
※2・・・12ヶ月一括払い、6ヶ月一括払い(Z会のみ)と毎月払いの料金幅です。

 

大きな違い

✔ワーク量は圧倒的にこどもちゃれんじ が多い

✔特殊な教材として毎月こどもちゃれんじ が考える遊びセット、Z会 幼児コース が体験教材ぺあぜっと。

✔添削課題はこどもちゃれんじ が年2回に対し、Z会 幼児コース が毎月。ただし課題内容は大きく異なる。

✔月額料金はZ会 幼児コース がやや安い。

 

対象年齢はどちらも5歳〜6歳です。

 

こどもちゃれんじ Z会 幼児コース もワーク中心となります。

 

ワーク量はデジタルワークまで含めれば圧倒的にこどもちゃれんじ の方が多くなります。

 

補助教材として、こどもちゃれんじ はエディトイ、考える力遊びセットが届くのに対して、Z会 幼児コース では体験教材ぺあぜっとが届きます。

 

またこどもちゃれんじ は総合コースの映像コンテンツも一部見ることができます。

 

添削問題は、こどもちゃれんじ が年4回、Z会 幼児コース は毎月絵を書いて送る課題があります。

 

難易度はどちらもほぼ同じで、やや難しくなりますが、個人的には若干こどもちゃれんじ の方が難しい気がします。

 

値段は若干Z会 幼児コース の方が安くなります。

 

それぞれ教材に特長があるので、教材の特長をみていきましょう!

 

【やや難しい】通信教育
【こどもちゃれんじ】 Z会 幼児コース

 

《じゃんぷ》こどもちゃれんじ思考力特化コース教材内容

(画像引用:【こどもちゃれんじ】 公式HPより)

 こどもちゃれんじ
対象年齢5歳〜6歳
ワーク毎月64ページ
思考力ワーク毎月32ページ
エディトイ(おもちゃ)かきじゅんナビのみ
デジタルワーク(アプリ)あり
DVD・絵本なし※1
教材考える遊びセット[年8回]
添削問題年4回
月額(税込)2,480円~2,980円※2
難易度やや難しい
コース変更無料で可能。ただしちゃれんじタッチに変更する場合は差額を支払う。

 

通常の総合コースとは異なり、思考力特化コースはワーク中心となります。

 

まず特筆すべきはワーク量です。

 

(画像引用:【こどもちゃれんじ】 公式HPより)

思考力ぐんぐんワークが毎月32ページ、キッズワークが毎月64ページ届きます。

 

 

(画像引用:【こどもちゃれんじ】 公式HPより)

様々な角度から思考力を育む問題がたくさん用意されています。

 

またさらに

 

(画像引用:【こどもちゃれんじ】 公式HPより)

デジタルワークも今自分が持っているスマホやタブレットで行うことができます。

 

圧倒的なワーク量がこどもちゃれんじ 思考力特化コースの特長です。

 

さらに

(画像引用:【こどもちゃれんじ】 公式HPより)

考える遊びセットで思考力をさらに鍛えます。

 

添削課題が年4回ついてきます。

 

(画像引用:【こどもちゃれんじ】 公式HPより)

かきじゅんナビももらえるのは嬉しいですね。

 

体験教材があるので一度お子さんに触れさせて、反応をみて決めるといいです。

 

\ ▼思考力特化コースを詳しくみる▼ /

 

【思考力特化コースはやや難しい】
【こどもちゃれんじ】 Z会 幼児コース

 

 

《年長》Z会幼児コース

 Z会 幼児コース
対象年齢5歳〜6歳
ワーク月48回分
思考力ワーク
エディトイ(おもちゃ)なし
デジタルワーク(アプリ)年5回(4月・6月・8月・12月・3月)
DVD・絵本なし
教材体験教材(ぺあぜっと)[毎月]
添削問題月1回(絵を書いて提出)
月額(税込)2,431円〜2,860円
難易度やや難しい
コース変更

 

Z会 幼児コース の目玉はこちらのワーク

(画像引用:Z会 幼児コース 公式HPより)

ワークが月48回分あります。

(画像引用:Z会 幼児コース 公式HPより)

また体験教材としてぺあぜっとが毎月とどきます。

 

(画像引用:Z会 幼児コース 公式HPより)

 

例えば、たけのこきんぴらを一緒に作ってみよう!という料理系の体験。このような体験教材が月10回分あります。

 

(画像引用:Z会 幼児コース 公式HPより)

添削課題としてぺあぜっとシートがあります。

 

親子の会話をもとに、絵をかいて提出する課題ですが、毎月あるのは嬉しいですね。

 

(画像引用:Z会 幼児コース 公式HPより)

またデジタルワークが年5回(4月・6月・8月・12月・3月)ですがスマホで行うことができます。

 

体験教材があるので一度お子さんに触れさせて、反応をみて決めるといいです。

 

\ ▼教材を詳しくみる▼ /

 

【ぺあぜっと】は秀逸
【こどもちゃれんじ】 Z会 幼児コース

 

 

年齢別体験教材ちゃれんじパック

(画像引用:【こどもちゃれんじ】 公式HPより)

 

今なら資料請求すると数量限定でちゃれんじパックがもらえます。

 

 

【申込方法は?】

資料請求のボタンがどこにあるのかわかりづらいので念のため紹介しておきます。

step
1
【こどもちゃれんじ】 へアクセス

step
2
画面右上「メニュー」をクリック

step
3
「無料体験教材・資料請求」をクリック

こどもちゃれんじbaby 資料請求 (画像引用:こどもちゃれんじbaby公式HPより)

step
4
欲しいキャンペーンプレゼントをクリック

こどもちゃれんじbaby 資料請求

(画像引用:【こどもちゃれんじ】 公式HPより)

\ ▼プレゼント応募こちらから▼ /

 

Z会幼児コース 学年別お試し教材

 

(画像引用:Z会 幼児コース 公式HPより)

 

Z会 幼児コース でもお試し教材を配布しています。

 

 

また時期によっては資料請求キャンペーンを実施しています。

 

詳しくは下記ボタンよりご確認ください。

 

\ ▼こちらをタップ▼ /

【申込方法は?】

資料請求のボタンがどこにあるのかわかりづらいので念のため紹介しておきます。

step
1
Z会 幼児コース へアクセス

step
2
画面右上「メニュー」をクリック

(画像引用:Z会 幼児コース 公式HPより)

step
3
「資料請求」をクリック

(画像引用:Z会 幼児コース 公式HPより)

step
4
「Z会の通信教育(幼児〜大学受験生)」をクリック

(画像引用:Z会 幼児コース 公式HPより)

step
5
必要事項を入力

(画像引用:Z会 幼児コース 公式HPより)

\ ▼体験教材はこちら▼ /

 

まとめ

✔ワーク量は圧倒的にこどもちゃれんじ が多い

✔特殊な教材として毎月こどもちゃれんじ が考える遊びセット、Z会 幼児コース が体験教材ぺあぜっと。

✔添削課題はこどもちゃれんじ が年2回に対し、Z会 幼児コース が毎月。ただし課題内容は大きく異なる。

✔月額料金はZ会 幼児コース がやや安い。

 

どちらも間違いない教材です。

 

選び方としては実際にお子さんに体験教材などを触れさせてみて選ぶのが間違いないです。

 

【どちらも間違いなし】
【こどもちゃれんじ】 Z会 幼児コース

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

通常のこどもちゃれんじ総合コースとZ会幼児コースの違いはこちら▼

《ここが違う!徹底比較》こどもちゃれんじ VS Z会幼児コース。違いをシンプルに比較!どっちがいい?

続きを見る

 

にほんブログ村 子育てブログへ

-教材・学び