こどもちゃれんじ 教材・学び

《こどもちゃれんじぽけっと》は集団生活でのマナーや思いやりを教えてくれました《口コミ》

こどもちゃれんじぽけっと受講させるかな?

 

でも合わなかったら嫌だな。失敗したくないな

 

そこで今回は

 

この記事でわかること

  • こどもちゃれんじ《ぽけっと》とは?
  • 《ぽけっと》の最大の魅力
  • 《ぽけっと》をおすすめできる人・向く人
  • 《ぽけっと》のデメリット
  • 《ぽけっと》の特長
  • 《ぽけっと》で身についたこと
  • 《ぽけっと》の口コミ・評判
  • 《ぽけっと》実施中のキャンペーン

 

について紹介します。

 

\ ▼2,3歳対象!ぽけっと▼ /

>>【こどもちゃれんじ】

 

こどもちゃれんじ「ぽけっと」とは?

教育業界大手のベネッセが運営する2,3歳向けの通信幼児教育。

 

コース対象年齢
baby0,1歳
ぷち1,2歳
ぽけっと2,3歳
ほっぷ(年少)3,4歳
すてっぷ(年中)4,5歳
じゃんぷ(年長)5,6歳

 

よく「ぽけっと」と「ほっぷ」の違いがわからないという方もいますが、カリキュラムはもちろん、対象年齢がそもそも違いますね。

 

↑年間の「考える力」カリキュラム表

 

ぽけっとは「考える力」「生活習慣」「社会性」を育むカリキュラムとなっています。

 

ほっぷ(年少)はこちら▼

《ひらがな「読み」習得に抜群!》こどもちゃれんじほっぷ(年少/3・4歳)を受講してみた体験談・感想・口コミ

続きを見る

>>【こどもちゃれんじ】

 

ぽけっとは「通園タイプ別コース」を選択できる

〈ぽけっと〉では、家庭の通園状況に合わせて、毎月の「おうちのかた向け情報誌」と「えほん」の一部が通園タイプ別に届きます。

 

保育園生活応援タイプ
すでに園に通っていたり、これから園に通う予定の人向け

プレ保育/入園前応援タイプ
園に通わずお家で過ごす人向け

 

例を出して見ます。

 

例)毎月届く「おうちのかた向け情報誌」

保育園生活応援タイプ
→進級を機に通園前の朝の支度を親子で見直す際のポイントを教えてくれます。

プレ保育/入園前応援タイプ
→1年後の集団生活スタートに向けて、自分でできる生活習慣を少しずつ増やしていくためのコツを教えてくれます。

 

既に園生活を送っている子どもと、まだ園生活を送っていない子どもで内容が変わります。

 

家庭の状況に合わせて選ぶことができます。

 

\ ▼詳細はこちら▼ /

 

こどもちゃれんじ「ぽけっと」最大の魅力は《教材がとにかくこども目線》

こどもちゃれんじ 最大の魅力は

 

教材がこども目線

 

なところです。

 

親から見れば、こんな教材で喜ぶの?と思うような教材でも喜びます。

 

また細かな配慮がなされており、子どもが常に楽しめるようになっており、つまずきにくくなっているのも特長です。

 

例えば、こどもちゃれんじ ぽけっとでは、はさみのワークブックが届きます。

 

(引用:こどもちゃれんじ HPより)

 

はさみのワークブックは市販のものより余白が大きくとられており、こどもがつまずきにくい作りとなっています。

 

このように「こども目線」で配慮がなされているのがこどもちゃれんじ の特長です。

 

\ ▼ぽけっとの教材を確認してみる▼ /

>>【こどもちゃれんじ】

 

こどもちゃれんじぽけっとに向く方

✔こどもに1人遊びもしながら学んで欲しい方

✔現在マナーや集団生活を教えるのに困っている方・来年からの園生活にスムーズに移行したい方

✔教えるのが難しい「概念」を伝えたい方

 

\ ▼詳細はこちら▼ /

>>【こどもちゃれんじ】

 

こどもちゃれんじぽけっとを受講したくなる3つの特長

《特長①》こどもがとにかく楽しめる。自然と数などへの興味が出る仕組みがある

こどもが興味を持つような教材になっているのがこどもちゃれんじ ぽけっとの特長です。

 

例えばこちら

こどもちゃれんじぽけっと

 

お店屋さんごっこができるようになっています。

 

日頃スーパーなどに一緒に行っているとこどもは楽しく「お店屋さんごっことしてやりとりを」遊びます。

 

 

その中で何気ないですが、「〇〇円です」と様々な種類の金額をオレンジ色のはてなくんがしゃべります。

 

子どもは楽しくなって「〇〇円です」と自分で金額(数)を言うようになります。

 

「ごっご遊び」の中でも無意識に数字を刷り込んでいきます。

 

こどもちゃれんじぽけっと

 

ちなみにこの次の号では1〜10までの数を数える教材が届くようになっています。

 

このように自然とあそびながら月齢に必要なことを学んでいくことができます。

>>【こどもちゃれんじ】

 

《特長②》集団生活で必要なマナー・しつけの部分も担ってくれる

こどもちゃれんじ ぽけっとでは、集団生活で必要なマナー・しつけの部分も担ってくれます。

 

例えばこちら

 

 

園生活がはじまったら起きうるシーンですね。

 

 

ごめんなさいとお互い謝る必要性を伝えます。

 

 

みんなで楽しく砂場で遊びます。

 

 

親の声掛けのヒントも載っています。

 

こちらを参考にしながら、園生活でも同様のことがおきたときに「ごめんなさい」が言えるように日頃から話しかけができます。

 

またマナーも楽しく教えれるようになっています。

 

 

「かかとと、かかとをぴったんこ」と歌いながら、くつはちゃんと直しましょうと楽しく教えることができます。

 

このようにこどもちゃれんじ ぽけっとでは集団生活で必要なマナーや思いやりを学んでいくことができます。

 

>>【こどもちゃれんじ】

 

《特長③》教えるのが難しい概念(高い・低いなど)を教えてくれる

個人的にはここが一番こどもちゃれんじ を受講していて助かった部分です。

 

高い・低いや動詞などはなかなか教えるのが難しいです。

 

それをこどもちゃれんじ ぽけっとでは教えてくれます。

 

例えばこちら

 

 

「たかい」と「ひくい」「あかるい」と「くらい」を教えてくれます。

 

 

また日常の動作の中で何気なく使う「動詞」も教えてくれます。

 

 

大人は当たり前に使いますが、いざこどもに教えるとなると難しいんですよね。

 

このようなワークブック(絵)で表現してもらうことで伝えるのが難しい「概念」を伝えやすくなっています。

 

\ ▼ぽけっとの年間教材を確認する▼ /

>>【こどもちゃれんじ】

 

こどもちゃれんじぽけっと唯一のデメリット

ものが増える

 

これですね。

 

こどもちゃれんじ の基本的な学ぶ仕組みとして

 

インプットとアウトプットが毎月届く教材内で完結できるようになっています。

 

✔DVD(映像)・ワークブックでインプット

✔エディトイ(おもちゃ)・ワークブックでアウトプット

 

これが基本の仕組みです。

 

こどもちゃれんじぽけっと

 

そのためこどもちゃれんじ では、どうしてもエディトイが欠かせない役割となります。

 

エディトイは年々小さくなっていっている気がしますが、それでもやはり「もの」はたまっていきますね。

 

「もの」がたまるのが嫌な場合は、ワーク中心の幼児ポピーがおすすめです。

 

\ ▼詳細はこちら▼ /

>>幼児ポピー

 

こどもちゃれんじぽけっとで身についたこと(効果を感じた部分)

娘にこどもちゃれんじ ぽけっとを受講させて、身についたことはこんな感じです。

 

☑公園などでルールが守れるようになった。集団生活に馴染みやすくなった。

☑数への興味が出てきた。より身近な題材で親も気づかないレベルでの刷り込みがはじまっていた。ほっぷで本格的に数を学ぶが、その前段階であるぽけっとで数へ抵抗感ないようにプログラムが組まれていた。

☑教えるのが難しい「概念(高い・低いなど)」がわかるようになった

 

どれも親だけでは教えるのが難しかったので受講して良かったと感じました。

 

\ ▼年間ラインナップはこちら▼ /

>>【こどもちゃれんじ】

 

《参考》おむつはずれ・トイレ習慣にも役立った!

あと、こちらも紹介しておきます。

 

こどもちゃれんじ ぽけっとでは「おむつはずれ応援プログラム」と銘打ち、おむつはずれができるように促してくれます。

 

具体的には

こどもちゃれんじぽけっと

 

まずこちらの絵本でトイレは楽しいものという認識をもたせます。

 

パンツも柄が多くて履くと楽しいものと紹介があり、少しずつパンツへの興味もわいていきました。

 

こどもちゃれんじぽけっと

 

こちらはトイレに入ってから鳴らすおもちゃです。

 

しまじろうとみみりんが歌を謳ってくれます。トイレが楽しくなるおもちゃです。

 

こどもちゃれんじぽけっと

 

最後にトイレができたら、シールを貼るという流れになります。

 

こちらのシールも思った以上に効果がありました。

 

シール好きということもあり、トイレにいくとシールが貼れるというのは娘にとって大きなモチベーションになっていたようです。

 

あとはDVD(映像)・ワークブックでもトイレは楽しいものと認識させてくれる仕掛けがありました。

 

トイトレにもこどもちゃれんじ ぽけっとは役立ちました。

 

\ ▼年間ラインナップはこちら▼ /

>>【こどもちゃれんじ】

 

こどもちゃれんじぽけっと口コミ・評判

では客観的なこどもちゃれんじ の口コミ・評判も確認しておきましょう。

 

 

 

 

やはり「もの」が増えるのがデメリットですね。

 

ただマナーや生活習慣の部分で満足している口コミが多かったです。

 

\ ▼ちゃれんじパック(無料)はこちら▼ /

>>【こどもちゃれんじ】

 

こどもちゃれんじぽけっと料金

 月額(税込)年額(税込)
毎月払い2,780円33,360円
一括払い2,280円27,360円
一括払いお得金額(差額)500円6,000円

※一括払いの金額は、開始月号によって異なります。上記金額は4月から開始した場合
※最新の料金は【こどもちゃれんじ】 公式サイトで必ずご確認ください。

 

こどもちゃれんじ ぽけっとの月額料金は

 

☑毎月払いだと月額2,780円(税込)

☑一括払いは1ヶ月当たり2,280円(税込)

 

になります。

 

年額では一括払いで支払うと毎月払いに比べて、6,000円(税込)お得になります。

 

まずは体験教材でお子さんの反応を確かめてから、一括払いにするか毎月払いにするか決めるのがおすすめです。

 

\ ▼最新の料金はこちらで確認▼ /

>>【こどもちゃれんじ】

 

《2022年4月最新版》こどもちゃれんじキャンペーン情報

キャンペーン内容
年齢別体験教材がもらえる(ぷち以上のコース)

(引用:【こどもちゃれんじ】 HP

体験教材はこちら>>
【こどもちゃれんじ】

 

\ ▼詳細はこちら▼ /

>>【こどもちゃれんじ】

 

 

ちゃれんじパックのもらい方

【申込方法は?】

無料体験教材請求のボタンがどこにあるのかわかりづらいので念のため紹介しておきます。

step
1
【こどもちゃれんじ】 へアクセス

step
2
画面右上「メニュー」をクリック

step
3
「無料体験教材・資料請求」をクリック

こどもちゃれんじbaby 資料請求 (画像引用:【こどもちゃれんじ】 公式サイト)

step
4
1~6歳をクリック

こどもちゃれんじぷち

(画像引用:【こどもちゃれんじ】 公式サイト)

しつこい勧誘は特にありませんでした。

\ ▼詳細はこちら▼ /

>>【こどもちゃれんじ】

 

《2022年5月最新版》【いつがお得?一番賢く入会したい!特大号を狙え!】こどもちゃれんじぷち、ぽけっと、ほっぷ、すてっぷ、じゃんぷをお得に入会する方法。キャンペーン情報も!お得な時期は?

続きを見る

 

幼児ポピー[ももちゃん]こどもちゃれんじ[ぽけっと]関連記事

「ももちゃん」はこちら▼

【勘違いしていた!】幼児ポピーももちゃん(2・3歳)は丁寧な教材でした。簡単という言葉は失礼だった(口コミ)

続きを見る

 

「ぽけっと」はこちら▼

《こどもちゃれんじぽけっと》は集団生活でのマナーや思いやりを教えてくれました《口コミ》

続きを見る

 

「ももちゃん」と「こどもちゃれんじ ぽけっと」の比較▼

【ももちゃんとポケット】幼児ポピー[ももちゃん]とこどもちゃれんじ[ぽけっと]の比較。どちらがいい?《2〜3歳対象の幼児通信教材》

続きを見る

 

「ももちゃん」と「こどもちゃれんじ ぽけっと」の併用▼

no image
【併用受講メリットは?】幼児ポピー[ももちゃん]+こどもちゃれんじ[ぽけっと]を両方受講してみました。どうだった?

続きを見る

 

「ももちゃん」先取りはこちら▼

【1歳先取りの結果は?】幼児ポピーももちゃんを0歳よりの1歳で先取りしてみた反応は?1歳半頃からちょうど良い

続きを見る

 

まとめ

こどもちゃれんじ ぽけっとの唯一のデメリットは「ものが増える」ことでした。

 

ものが増える前提で、体験教材を通じてお子さんの反応が良ければ試してみる価値のある教材です。

 

せっかく興味を持っているなら、体験教材だけでも損はしないので、一度反応を確かめてみることをおすすめします。

 

\ ▼《ちゃれんじパック》はこちらから▼ /

>>【こどもちゃれんじ】

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログへ

-こどもちゃれんじ, 教材・学び