教材・学び

《似ているようでここが違う!徹底比較》ベビーパークVSイクウェル(旧七田)チャイルドアカデミー。違いをわかりやすくシンプルに比較!どっちがいい?

 

 

ベビーパークイクウェル(旧七田)って似てるけど何が違うんだろう?」

 

「どっちがいいんだろう?」

 

幼児教室のこの2つは似ているように見えますよね。

 

そこで今回は

 

この記事でわかること

  • 【徹底比較】ベビーパークvsイクウェル
  • 【比較①】対象・スタイル
  • 【比較②】学習内容・育児論
  • 【比較③】料金・体験の有無
  • 結局どっちがいい?
  • ベビーパークの口コミ
  • イクウェルの口コミ

 

について紹介します。

 

はじめに言っておくと、育児論の部分が大きく違います。

 

お勉強感が強いのがイクウェル(旧七田)

 

赤ちゃん・こども自身が楽しみやすいのがベビーパーク

 

といった違いになります。

 

幼児教室を知るのはどうしても資料だけでは限界があります。

 

実際に一度教育に触れてみるのが一番違いを感じれる方法となります。

 

【0,1,2歳からの幼児教室】
親子教室ベビーパークイクウェル(旧七田)

 

《キャンペーン情報》ベビーパーク無料体験でAmazonギフト券2,500円もらえる!

今ならベビーパーク無料体験参加後、2週間以内のアンケート回答でAmazonギフト券2,500円もらえるキャンペーンを実施中です。

 

必ず下記特典ページから申し込みをしてください。

 

通常のページからではキャンペーンが適用されないので注意してください。

 

▼特典ページはこちらから▼

 

【徹底比較】ベビーパークVSイクウェル(旧七田)チャイルドアカデミー

 

ベビーパークイクウェル(旧七田)

 

幼児教室を調べていれば必ず出会うこの2教室。

 

ひょんなことから参加したベビーパークの無料体験を機に、幼児教室2教室を比較しましたので記録として残しておきます。

 

 

正直公式サイトなどで情報収集する限り、とても似ていてどこが違うのかわかりません笑。

 

 

 

こどもにとって有益な方がいいと考えるのは自然なことです。

 

だからこそ違いを知りたくなるんですよね。

 

私も無料体験を受講しましたが、それでも教育内容に正直大きな違いは感じませんでした。

 

単純にこどもが気に入った方を選んだ感じですね。

 

そのため一番確実なのは、体験してみて子どもの反応が良かった方を選ぶことです。

 

というのもこどもが気に入らなければ、結局やめてしまうことになります。

 

といってしまったらこの話は終わってしまうので、無料体験を通じてわかった点を中心に比較します。

 

【0,1,2歳からの幼児教室】
親子教室ベビーパークイクウェル(旧七田)

 

今回の比較ポイント

比較して違った大きなポイントは

 

 

です。

 

どちらもIQ,EQ教育を大事にしている、教育のアプローチの仕方など、似ている部分も多くありますが、一番の違いは「育児論」の部分でした。

 

先に結論を述べておくと

 

ベビーパーク
叱らない育児。赤ちゃん自身の個性を大事にする。

イクウェル
たくましく活躍できる力、「活きる力」を育む。勉強感が強い。親は教育している感がある。

 

となります。

 

なるべくシンプルに大きく違う部分で比較しました。

 

裏を返せばスペック的な選び方としては

 

☑対象

☑学習内容・育児論

☑料金

 

で選ぶことになります。

 

イクウェルの方がお勉強感は強いですが、ベビーパークでもお勉強はします。

 

ただスペックだけで選ぶのではなく、やはり一番大事なのはこどもが気に入るかどうかです。

 

だからこそ、一度無料体験などを通じてお子さんの反応をみてみることをおすすめします。

 

スペック的に選ぶのが難しいのであれば、本人の気に入り度合いで決めるのが一番です。

 

何か参考になれば。

 

【0,1,2歳からの幼児教室】
親子教室ベビーパークイクウェル(旧七田)

 

比較①【対象・学習スタイル】
ベビーパークVSイクウェル(旧七田)チャイルドアカデミー

 

 

 ベビーパークイクウェル
対象0歳〜3歳0歳〜6歳+小学生
スタイル教室教室

 

イクウェルが0歳から小学生まで対象としているのに対し、ベビーパークは0〜3歳までの幼児期特化型です。

 

ただベビーパークは次のステージとしてキッズアカデミーもあります。

 

どちらも教室スタイルなため通いが必要になりますね。

 

【0,1,2歳からの幼児教室】
親子教室ベビーパークイクウェル(旧七田)

 

比較②【学習内容・育児論】
ベビーパークVSイクウェル(旧七田)チャイルドアカデミー

 

 

 ベビーパークイクウェル
内容・マザーリング
・アクティビティ
・発達診断チェック
・ベビーマッサージ
・フラッシュカード
・知育遊び
・感覚遊び
教室基本は週1回程度
※年間42回
基本は週1回程度
※年間43回
1レッスンの時間50分50分
クラス・Aクラス(0歳2ヶ月〜8ヶ月)
・Bクラス(0歳9ヶ月〜1歳3ヶ月)
・Cクラス(1歳4ヶ月〜1歳10ヶ月)
・Dクラス(1歳11ヶ月〜2歳5ヶ月)
・Eクラス(2歳6ヶ月〜3歳)
・happy baby(0ヶ月〜5ヶ月)
・幼児コース(0〜1歳)
・幼児コース(1〜2歳)
・幼児コース(2〜3歳)
・幼児コース(年少)
・幼児コース(年中)
・幼児コース(年長)
・小学生コース
特長・育児論日本初の親子教室でIQ・EQ教育を行う。叱らない育児を目指すEQ教育に力を入れている。活きる力をはぐくむ。お勉強感が強い。

※0〜1歳クラスをベースにしています。

 

イクウェルは学年を基本にクラス構成しているのに対し、ベビーパークは月齢でクラス構成を行っています。

 

 

イクウェルは活きる力を育むためお勉強が強めなのに対して、ベビーパークは赤ちゃん・こどもの個性を最大限活かして、赤ちゃん自身が楽しむスタイルとなっています。

 

また育児論が大きく違います。

 

こちらの例を御覧ください。

 

例)椅子に座らせるかどうか問題

ベビーパーク

椅子に座りたくなければ、そのまましておいて座りたくなったときに座ったらいいよというスタンス。実際ほっておいたら赤ちゃんが自分で座りたいときに座っている。

イクウェル

確実に椅子に座らせる。保護者も必死に座らせるようにするがあまりにも動きすぎると部屋の外に出るように言われることもある。

 

お勉強をさせたいのであればイクウェル

 

赤ちゃんにのびのびしてほしいのであればベビーパーク

 

となりますね。

 

正直レッスン内容は似ています。

 

ただ基本コンセプト(育児論)が違うので、同じレッスンでもアプローチの仕方などが違います。

 

この細かな違いに関してはどうしても一度どちらも体験してみないとなかなか伝わらない部分があります。

 

なるべくわかりやすく説明しますが、できればどちらも無料体験してみるのが一番です。

 

【0,1,2歳からの幼児教室】
親子教室ベビーパークイクウェル(旧七田)

 

ベビーパークの特長

イクウェル(七田式)になくてベビーパークにある主な違いは

 

☑マザーリング

☑アクティビティ

☑発達診断チェック

 

となります。

 

イクウェルでは言葉が違うだけで似ているレッスン内容となります。

 

(画像引用:ベビーパーク公式サイトより)

 

ベビーパークではレッスンのはじめにマザーリングと呼ばれる母親の勉強時間や育児相談が行われます。

 

(画像引用:ベビーパーク公式サイトより)

 

ここで育児相談も行ってくれるので日頃の育児の悩みを相談できるのは心強いです。

 

(画像引用:ベビーパーク公式サイトより)

 

次に実際のレッスンであるアクティビティを行います。

 

【アクティビティ例】

・フラッシュカード

・手先を使った遊び

・身体を使った遊び

・百玉そろばん

・色、数字、物の名前

・日本語と英語のお歌

・絵本の読み聞かせ(日本語と英語)

イクウェル(七田式)では知育遊びや感覚遊びに該当します。

 

赤ちゃんやこどもが自発的に遊びます。お母さんは見守っている形が多いです。

 

またベビーパークでは節目に、発達診断チェックも行います。

 

診断結果表には「言語・知能・手指・身体・社会性」の項目ごとに発達段階が記載されており、担当講師から見た我が子の特長などが書かれています。

 

客観的に見て今我が子はこういったことが得意だということがわかります。

 

ベビーパークの方針として赤ちゃんが自発的に遊びたいように遊ぶなので母親は見守っていることが多いです。

 

\ ▼レッスン内容を詳しくみる▼ /

【0,1,2歳からの幼児教室】
親子教室ベビーパークイクウェル(七田式)

 

イクウェル(旧七田)チャイルドアカデミーの特長

ベビーパークになくてイクウェル(旧七田)にある主な違いは

 

☑ベビーマッサージ

 

となります。

 

基本的な内容はベビーパークに似ています。

 

レッスンではフラッシュカードや知育遊びを行います。

 

イクウェルにしかない特長としてはベビーマッサージがあります。

 

レッスン前に緊張をほぐす意味合いでベビーマッサージをしてあげます。

 

\ ▼レッスン内容を詳しくみる▼ /

【0,1,2歳からの幼児教室】
親子教室ベビーパークイクウェル(旧七田)

 

比較③【料金・体験の有無】
ベビーパークVSイクウェル(旧七田)チャイルドアカデミー

 

 

内容(税込)ベビーパークイクウェル
入会金15,400円《A地区》22,000円
《B地区》16,500円
教材費/管理費1,100円/550円《A・B地区共通》
実費/2,420円
受講費(月額)月謝(A~Dクラス)15,400円/月
月謝(Eクラス)17,380円/月
《A地区》15,400円
《B地区》13,200円
無料体験あり(特典あり)あり

 

イクウェルはA地区、B地区という区分があり、料金体系が異なります。

 

A地区の方が料金が高くなります。

【A地区】東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、名古屋市、日進市、滋賀県、奈良県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡市、春日市、筑紫郡、糟屋郡

【B地区】A地区以外の地域

 

A地区であれば、ベビーパークの方が7,000円以上やすくなります。

 

ベビーパーク(A〜Dクラス):入会金+教材/管理費+受講費=32,450円

イクウェル:入会金+教材/管理費+受講費=39,820円+実費

 

 

B地区であれば(A〜Dクラス)とほぼ変わらない値段ですが、イクウェルは教材費が実費なため高くなってしまう可能性があります。

 

ベビーパーク(A〜Dクラス):入会金+教材/管理費+受講費=32,450円

イクウェル:入会金+教材/管理費+受講費=32,120円+実費

 

イクウェルは教材費が実費なのが少し不安要素ですね。

 

 

ただどちらも 無料体験を実施しているので、入会前に必ず無料体験はしておきたいところです。

 

 

特にベビーパークの無料体験は評判が高く、無料体験だけでも学べるものが多いです。

 

 

私も 無料体験だけでもかなり勉強になりました。

 

また入会まで検討している場合は、 無料体験をしていれば入会金などが安くなる等、特典がつく可能性があるので 無料体験をしておくことをおすすめします。

 

 

【0,1,2歳からの幼児教室】
親子教室ベビーパークイクウェル(旧七田)

 

【まとめ】結局どっちがいい?
ベビーパークVSイクウェル(旧七田)チャイルドアカデミー

 

 ベビーパークイクウェル
対象0歳〜3歳0歳〜6歳+小学生
スタイル教室教室
内容・マザーリング
・アクティビティ
・発達診断チェック
・ベビーマッサージ
・フラッシュカード
・知育遊び
・感覚遊び
教室基本は週1回程度
※年間42回
基本は週1回程度
※年間43回
1レッスンの時間50分50分
クラス・Aクラス(0歳2ヶ月〜8ヶ月)
・Bクラス(0歳9ヶ月〜1歳3ヶ月)
・Cクラス(1歳4ヶ月〜1歳10ヶ月)
・Dクラス(1歳11ヶ月〜2歳5ヶ月)
・Eクラス(2歳6ヶ月〜3歳)
・happy baby(0ヶ月〜5ヶ月)
・幼児コース(0〜1歳)
・幼児コース(1〜2歳)
・幼児コース(2〜3歳)
・幼児コース(年少)
・幼児コース(年中)
・幼児コース(年長)
・小学生コース
特長・育児論日本初の親子教室でIQ・EQ教育を行う。叱らない育児を目指すEQ教育に力を入れている。活きる力をはぐくむ。お勉強感が強い。
入会金15,400円《A地区》22,000円
《B地区》16,500円
教材費/管理費1,100円/550円《A・B地区共通》
実費/2,420円
受講費(月額)月謝(A~Dクラス)15,400円/月
月謝(Eクラス)17,380円/月
《A地区》15,400円
《B地区》13,200円
無料体験あり(特典あり)あり

 

大きな違い

✔レッスン内容はどちらも似ているが、ベビーパークにはマザーリングがある

✔教室はどちらも週1回

✔レッスン時間はどちらも50分

✔クラス分けはベビーパークのほうが月齢に応じて、イクウェルは学年に応じてわけている。

✔料金はベビーパークのほうが安い

 

スペックでみればほとんど一緒ですね。

 

 【ベビーパーク
叱らない育児やIQ、EQ教育をしたい。赤ちゃん自身の個性を大事にして、赤ちゃんの可能性を広げたい

イクウェル
たくましく活きる力を育みたい。勉強をさせたい。教育をしている感じがほしい。

 

両者とも共通しているのはIQ教育やEQ教育といった知能指数を高めるプログラムとなっています。

 

それでは結局どちらがいいのでしょう。

 

一つの考え方としては「学習させる目的」で選ぶことです。

 

赤ちゃんの個性を重視してのびのび赤ちゃん自身楽しみたいのであればベビーパーク

 

がっつり教育をしたいのであればイクウェル(旧七田)

 

となります。

 

学習目的でも決めきれないのであれば値段で決めるのもありです。

 

値段だけで選ぶのであればベビーパークです。

 

もしくは教室の雰囲気、周りのママの雰囲気、先生との相性で選ぶのも◎です。

 

ただ、一番はやはりこどもの反応・気に入り度合いが確実です。

 

親がいくら気に入っても本人が気に入らなければ結局やめてしまうことになります。

 

幸いどちらの教室も 無料体験を実施しているので

 

まずベビーパークの無料体験イクウェルの体験に行って教育の違い・教室の雰囲気・先生との相性を確認してみることをおすすめします。

 

幼児教室は資料だけで知るのは限界があります。

 

2つ体験することで違いが見えてきますよ。

 

 

 

 

どちらも実際に無料体験で感じてみるのが一番です。

 

【0,1,2歳からの幼児教室】
親子教室ベビーパークイクウェル(旧七田)

 

《キャンペーン情報》ベビーパーク無料体験でAmazonギフト券2,500円もらえる!

今ならベビーパーク無料体験参加後、2週間以内のアンケート回答でAmazonギフト券2,500円もらえるキャンペーンを実施中です。

 

必ず下記特典ページから申し込みをしてください。

 

通常のページからではキャンペーンが適用されないので注意してください。

 

▼特典ページはこちらから▼

 

《通常》ベビーパーク無料体験申込み方法

 

(画像引用:ベビーパーク公式サイトより)

ベビーパークは少しわかりづらいかもしれないので、無料体験の申込み方法を紹介しておきます。

 

【申込方法は?】

ベビーパーク公式サイトから申し込みを行います。

step
1
ベビーパークへアクセス

step
2
画面下「0〜3歳前の体験レッスン申込」をクリック

(画像引用:ベビーパーク公式サイトより)

step
3
「必要事項」を入力

(画像引用:ベビーパーク公式サイトより)

\ ▼申込はこちらから▼ /

 

 

ベビーパーク口コミ

最後に客観的なベビーパークの口コミをみてみます。

 

 

 

 

【0,1,2歳からの幼児教室】
親子教室ベビーパークイクウェル(旧七田)

 

イクウェル(旧七田)チャイルドアカデミー 口コミ

 

 

 

 

【0,1,2歳からの幼児教室】
親子教室ベビーパークイクウェル(七田式)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

ベビーパークイクウェル(旧七田)も似ているようで違いがあります。

 

ただ公式サイトを眺めているだけでは正直わかりにくいです。

 

どちらも無料体験ができるので百聞は一見にしかずで体験してみるといいですよ。

 

どちらも行くのはちょっと・・・と思われるのであればベビーパーク無料体験が評判いいのでればベビーパークだけでも行けば違いが見えてきますよ。

 

【0,1,2歳からの幼児教室】
親子教室ベビーパークイクウェル(旧七田)

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログへ

-教材・学び